ヘバーデン結節を解消し、安らかな生活を。
topbar
ヘバーデン結節

ヘバーデン結節の指の変形

ヘバーデン結節による指の変形について

指の変形は何年もかかり進行していきます。変形し、指の可動域もせまくなり、曲がったまま伸ばせなくなることもあります。

指が変形していることは、あまり人には見せたくないものです。ですので、手を無意識に隠してしまうようなしぐさをしてしまうこともあるでしょう。

ヘバーデン結節については、病院や同じような症状の方から、また本やネットから、いくらでも情報を集めることはできます。

その情報の中のほとんどが、ヘバーデン結節に治療法はない、原因不明、指の痛みが治まっても変形してしまった指は元にも戻らない・・・と暗くなるものばかりです。

現代の医学ではそうなのかもしれませんが、諦めればそこで全て終わってしまいます。
何にでも言えることだと思います。

ヘバーデン結節の変形に対して施されている対処法としては、テーピングや指につける装具などがあります。
そういったものは、残念ながら一時しのぎで、治療法ではありません。
テーピングなどで関節が固定され、余計に筋肉がこわばり、悪い状態になってしまう場合もあります。

手術という方法もありますが、手術は不安も大きく、ヘバーデン結節ではほとんど行われていません。

みなさんは、もう諦めていますか?きっとこのページをご覧いただいたということはまだ諦めていないのだと思います。

三起均整プログラムでは、現在までに、変形の進行を防ぐだけでなく、変形が良くなったという症例がいくつも届いています。

元には戻らないと言われた指の変形もこのプログラムでは改善された方がいるのです。


指の変形は、骨の病気です。ヘバーデン結節を骨の病気と捉えるか、指の病気と捉えるかで、アプローチは全く異なって来ます。

東洋医学では昔から骨の病気になるのは腎のストレスが原因とわかっているので、腎系統のストレスを取り除くようなプログラムを組んでいます。

そうすることで、腎経の流れが良くなり、血液やリンパの流れも良くなり、結果、自然治癒力が高まり病気を改善していくことができます。

すり減った軟骨がまた作られたりするのは、不可能なことではありません。

ヘバーデン結節は治療法がないと肩を落とされず、可能性を信じてみていただければと思います。

人間には本来自然治癒力が備わっているのです。それをこのプログラムで高めてあげる、そういうことなのです。


ヘバーデン結節に役立つ情報へ戻る